『モラリストたちのジャーニー』

―ケースA― モラリストA「犬も猫も人と同じように苦しむのだから、彼らを虐待するのは許されざる罪だし、まして自分の快楽のために苦しみをあたえるなんて悪質すぎる。個人の性癖として許されることじゃない。法律で処罰されたとはいえ、全く納得できない。現行の法律は甘すぎるから、もっと厳罰化するべきだ!」 その通りだね。ところで畜産では、消費者の味覚の快楽のために、牛や豚や鶏たちを虐待し…

続きを読む

(1/2)WHAT THE HEALTH~保健機関があなたに知られたくない事実

Cowspiracyの製作者が送るドキュメンタリー ※このドキュメンタリも、プラントベースダイエットに関連する一つの資料であるということで載せますが、信憑性が乏しいと思われる情報も多く含まれるため、参考にするときは必ずソースを確認し、他の専門家の中立的な見解も同時に考慮に入れるようにしてください。 具体的な批判については、例えばこちらの記事など参照。 (…

続きを読む

ビーガンになるべき科学的理由

タイトルが必ずしも適切ではないのは自覚している。 注意:科学は、あなたの信念を支えるものだけを選び、それを反証するものは陰謀だと言って退けることが許される、都合の良い情報提供システムではない。 科学的手法によって検証を経たうえで提示された事実に対して、常に中立的な態度で接するのでなければ、あなたがどれだけ科学的研究を自身の主張の盾にしようとも、説得力の増すものではない。 …

続きを読む

遺伝子組換え作物について

【生物・健康】『遺伝子組換え食品に対する、迷信的反発は終わりにしないといけない』The Telegraph 2016/5/18に対するコメントへの返答として いくつかの映画をGMO反対の根拠として示されましたが、残念ながら、それらの映画は基本的には主観的証言や、信憑性を疑われる研究に基づいており、科学的な説得力を持つものとは言えません。 Cowspiracyが暴露したデー…

続きを読む

ワクチン、GMO、ビーガニズム

我々はPro-Vaccineでもないし、必ずしもPro-GMOでもない。我々は単にPro-Evidence、Pro-ScienceかつAnti-Mythなだけである。 事実、ワクチンは成分からしてビーガンではない。そのため、それを理由にワクチンに反対するのはもっともなことと思われる。公衆衛生を危険にさらすからと言って、動物を犠牲にしてよい理由にはならないからだ。 だからあなた…

続きを読む

何を探してるの?

欧米で、一般に聖書について最もよく知っているのは、ユダヤ教徒でもクリスチャンでもなく、無神論者だと言われることがある。 ユダヤ/キリスト教徒が信仰について議論するにあたって、最も手近な弱点は、聖書だからである。(無数の矛盾点と、非道徳的な記述が含まれている) 欧米では未だに多くの人が宗教的な家庭やコミュニティで育つため、彼らはその信仰に誠実に向き合い、疑いを持って思考した結果…

続きを読む

ビーガン、反ビーガン、双方の犯しがちな間違い

ビーガンと反ビーガンの議論において、双方でしばしばみられると個人的に感じている誤りを3つ紹介します 1)命は平等論 まず反ビーガン側が頻繁に用いる議論として、「命は平等であるから、菜食も肉食も倫理的に差異はない」という趣旨のものがある。間違いは「命は平等である」という仮定ではなく、それを倫理的な判断基準に据えていること、もしくは唯一の判断基準としていること(※)。ヒトも同じく…

続きを読む

vegan shop free ad3.png